おまとめローンで受けられる融資の上限金額とは?

カードローンなどの無担保融資を受けていると耳にすることのある、おまとめローンとのりかえローンですが、実際に使用することになるまではその違いを理解することはないかもしれません。どちらも顧客に一方的に有利となる金融商品のことで、これまで返済に必要な金額を金利や返済額を再計算したのちに、無理のない返済ができるようになるシステムとなっています。
おまとめローン 審査は文字通り、借金を一本化するという目的のために用意されていて、例えば複数の消費者金融から融資を受けている多重債務の状態をひとつにすることで、返済の手間や金利を引き下げるようにします。A社で50万、B社で100万円の借金であればトータル150万円の借金となるので、一本化することで金利の引き下げも利用できるようになります。のりかえローンはおまとめとは違い、借り換え専用のローンとなっていて、単純に金利の低いところにのりかえることで毎月の返済額を減らそうという目的になります。複数社でお金を借りている場合はおまとめローンが可能で、1社のみの場合はのりかえローンを利用することになります。1社か複数社かという違いだけでなく、おまとめローンは債務を一本化すると新たな借り入れができなくなるので、何度も借り入れできるかという点でも変わってきます。
おまとめローンを利用するからには、何件からも借入をしているものを1件に絞れるくらいの金額を借入れたいところです。おまとめローンの場合、総量規制の対象外となるため、収入の3分の1を超える融資を受けることが可能となります。しかし、総量規制の対象外だとはいえ、しっかりと返済していける人かどうかの審査は行われます。そのため、自ずと上限金額も人それぞれ決められてくるでしょう。
審査の対象となるのは主に年収です。簡単に言えば年収が多ければ多い人ほど、おまとめローンにて受ける融資の金額も高額になるということです。
中にはおまとめローンにて融資を受けるための審査に落ち、利用することが出来ないという人もいます。どんな人が融資を受けられないのかと言うと、他社での借入があり、返済を延滞してしまっている人、過去5年以内に自己破産や債務整理を行っている人は審査に落ちる傾向があります。また、過去5年以内に三ヶ月以上の延滞をした人や携帯電話以外での在籍確認ができない人なども審査に落ちるケースが多いのです。
職業によってもおまとめローンが利用できるか出来ないかが関係してきます。最も融資を受けやすいとされている職業は公務員です。公務員は優良客と見なされ、ほとんどの場合、利用することが出来るでしょう。

借金返済と未成年とのかかわり

未成年であっても融資を受けることはできます。消費者金融業者やクレジット会社などからの融資を受ける場合には、未成年であっても、結婚したり、安定した収入があることなどを理由に融資を受けることができます。当然ながら、融資を受けたのであれば、借金返済にも追われることになります。しっかりとした返済計画を立てて、借金返済に臨むことが求められます。

さまざまなカテゴリーにおいて、ネット社会のメリットがもたらされている中、消費者金融業者やクレジット会社なども盛んにネットを通じての宣伝広告活動をしています。パソコンをはじめ、スマホやタブレット端末を使えば、容易にアクセスすることができます。また、来店不要やWEB完結などといった利便性を最大限アピールするなどして、顧客の囲い込みに躍起になっています。

未成年者はもとより、主婦や学生、年金生活者などにも積極的に融資できることなども大々的に謳うなどして、人気を集めています。しかしながら、未成年者の借入については、借金返済につまずいてしまう人も多くいますので、注意が必要です。人生経験が少ないということもあり、返済を失念してしまったり、返済に充てる金額を用意できなかったりといったケースも見られます。

カテゴリー: 未分類

債務整理の減額報酬ってどんなもの?

債務整理を行う時に良く聞くのが「減額報酬」という言葉です。減額報酬とは債務整理を行ったことで借金の額が減った場合、その減った金額に応じた報酬のことで弁護士や司法書士に支払うものとなります。例えば減額報酬が10%となっていた場合、債務整理を行うことで200万円の借金が100万円に減額になった場合には減額できた100万円の10%である10万円が弁護士や司法書士の報酬として支払わなければならなくなるのです。借金の金額が大きくなるほど着手金や基本報酬よりも減額報酬を多く支払わなければならなくなってしまいます。最初に弁護士や司法書士を選ぶ時に着手金や基本報酬といった今すぐに支払う必要があるものの方ばかりに注目して選任してしまうと、後でさらに大きな金額を支払わなければならなくなってしまうケースも少なくありません。債務整理を行いたい時には減額報酬が低いところや、固定報酬制のところを選択するという方法もあります。しかしどれだけ減額されるかわからないという場合には、事前に見積りをお願いすると多くのところでは概算ではありますが見積りを出してくれますので、それを見て比較するのも賢い債務整理のやり方だと言えます。

カテゴリー: 未分類

無理なく返済ができて安心なjcbのキャッシングサービス

キャッシングを利用してみたいけど、返済がちゃんとできるか心配という方も多いのではないでしょうか。そういう方は、まずキャッシング会社を選ぶ時に、どういった返済方法あるのかをチェックしておきましょう。金融会社によって、返済方法が変わってくるので、自分の返済計画に合った支払い方法がある会社を選べば安心です。
jcbのキャッシングサービスは、返済方法も多彩で初めての方にもおすすめできます。jcbでは一回払い以外に、キャッシングリボ払いのサービスがあります。これは、月々どのくらい返済するかを、自分で決められるサービスです。例えば月2万円に設定しておくと、利用額に関わらず毎月2万円と利息分を払えば済むという事になります。これならキャッシングしすぎてしまったとしても、無理なく返済が続けられるので安心です。返済額が変動する事もないので、計画が立てやすいというのも魅力の一つです。jcbでは、自由にリボ払いに変更する事ができます。普段は一括払いにしておいて、使いすぎてしまった時は、リボ払いに変更するなど多彩な返済計画が立てられます。もちろん、金額設定の変更もできるので、普段は少なめの金額にしておいて、余裕ができた時にまとめて返すというのも良いでしょう。

カテゴリー: 未分類

教育ローンは来店不要で契約できるのか?

これから教育ローンを組もうと考えている方で、中にはローンを組むことに後ろめたさを感じている方もいるかもしれません。最近ではインターネットの普及により多くの方がスマートフォンでカードローンを組めるようになりました。ですが、教育ローンもインターネットを使って来店不要で組めるかということですが、実際には多くの金融機関や銀行などが来店不要のサービスを行っています。主な流れはインターネットにアクセスできる方はローンを組みたい業者のHPにいき、必要事項を入力して、その後に教育ローンを組めるかどうかの審査をします。この時に審査が通ればご契約の手続きをし、全てが完了しましたら業者の方から自分の口座を通じて、学校に振り込まれる仕組みになっているのです。ですので、この時に電話でも話すことはないですし、来店不要で教育ローンを組むことが可能になります。もちろん、色々と不安に思うことがあれば直接、銀行や金融機関に足を運ぶのもいいですし、電話をしても大丈夫です。どちらかと言いますと、銀行や金融機関が教育ローンを組みやすいように配慮してくれたサービスとなっています。ですので、来店は不要ですし、インターネットが使える環境にあるのなら問題はないですね。

カテゴリー: 未分類

カードローンの用語紹介

1件のコメント

金融機関の提供しているカードローンには様々な用語があります。初めてカードローンを利用する人に専門用語は伝わりにくいです。ここではそういった専門用語を紹介していきます。
カードローンの宣伝を見ると、必ず金利や利息といった用語を見掛けます。良く知らないけどカードローンの利用者が負担する手数料と認識している人は多いです。その認識でほとんど合っていますが、ここではより詳しく紹介していきます。
金利と利息ですが、金利は利用者が負担する年利率を指します。金利率18%という表記の場合、年間で借り入れ残高の18%を利用者が負担するということです。金利は借り入れた金額によって変動します。借り入れが少ないと金利は高く、借り入れが多いと金利は低くなります。
利息は金利率と借りている日数によって計算されます。例えば、金利率18%で10万円の借り入れ、借りてから1年後に全額返済する時は1万8千円、借りてから1ヶ月後に全額返済する時は1500円の利息になります。分割で返済する時は借り入れ残高が毎月少なくなるので、その分支払利息も減少していきます。金利と利息はカードローンの用語の中でも特に重要になってきます。しっかり理解してからお金を借りたいです。

カテゴリー: 未分類